第二次世界大戦の解説

スイスと第二次世界大戦

スイスと第二次世界大戦

 永世中立国として知られるスイスは、第二次世界大戦でも中立を維持することができた。しかし、それは政府や国民の努力によるところが大きかっただけでなく、偶然の積み重なった結果だった。

開戦までのスイス

 戦前のスイスは他の国同様に世界恐慌の影響を受け、共産主義やファシズムが力を増していた。スイス政府はナチスの活動を禁じ、スイスの個性は「多様性」にあるとして民族的な全体主義を否定した。

 一方でドイツやイタリアとの対立を避けるため、イタリアのエチオピア侵略とドイツのオーストリア併合を承認し、国際連盟の制裁には参加しなかった。

 枢軸国と連合国の対立には、国際紛争には関わらないという立場を明確にし、祖国防衛の準備を進めていた。

ドイツへの備え

 ドイツがポーランドに侵攻すると、スイスは即座に総動員体制に入った。

 戦時特別税が導入され、43万人の兵士が任務に就いた。スイス軍総司令官のギザン将軍は、密かにフランス軍に接触し、スイス側の軍備増強を要請する。ドイツ軍がマジノ線を迂回してスイス領内に侵入するのを防ぐためである。

 まもなくフランスが降伏した。スイスは四方を枢軸国に囲まれることになった。

 キザン将軍は将校を集め、ドイツ軍が侵攻してきた場合には山岳地帯の砦に立てこもり、徹底抗戦する決意を固めた。

 ヒトラーはスイスがフランスと密約を交わしていたことを知り、スイス侵攻「モミの木作戦」を計画していた。

ドイツとの繋がり

 一方でスイスの経済はドイツと深く結びついていた。スイス企業の多くはドイツ国内に支社を置いており、戦争中も取引が行われた。

 民間企業の武器輸出は中立違反と見なされなかったため、スイス企業はドイツに武器弾薬や精密機械を輸出し続けた。ドイツからは原材料や燃料を輸入した。スイス銀行はドイツから金塊を購入して財政を助けたが、そこにはベルギーやオランダで略奪されたものが含まれていた。

 また、スイスは国境を封鎖してドイツから逃れてくるユダヤ人の入国を拒否した。元々スイス国内では反ユダヤ感情が強かったのである。

 スイスにはドイツとイタリアを結ぶ鉄道が存在していたこともあり、結局ドイツ軍がスイスに侵攻することはなかった。

スイスの戦後

 ドイツが降伏したことでスイスは中立の立場を守ることができた。

 戦後、略奪した金塊を購入していたことが問題となり、関係国に賠償金を支払うことになった。また、戦争中の人道問題や国際協調への取り組みが不十分だったことが国内で議論された。

 以降、スイスは戦争被害者に向けた義援金の拠出や、難民の受け入れ拡大、国連関連機関の誘致などの独自の取り組みを進めていくことになる。