第二次世界大戦の解説

ノルウェーと第二次世界大戦

ノルウェーと第二次世界大戦

 ノルウェーは第一次世界大戦で中立国だったが、実際にはかなり連合国寄りだった。石油やイギリスはイギリスから供給されていたし、国民の多くは経済的にも精神的にもイギリスに依存していた。

 イギリスはノルウェーを「中立同盟国」と呼んでいた。ノルウェーはドイツへの水産物輸出を停止し、報復にドイツ軍潜水艦から商船を攻撃された。

 ノルウェーは第二次世界大戦でも中立を宣言する。

北欧派兵

 戦争が始まると、フランスは北欧で軍事行動を起こすことを表明した。北欧に戦場を広げることで、ドイツからの圧力を減らしたいという思惑があった。また、ノルウェー鉄鉱石のドイツ供給を止める狙いがあった。

 イギリスは当初フランスの提案に乗り気ではなかったが、ドイツ海軍がノルウェーの中立を利用していたことから、軍事行動に同調した。

 イギリスとフランスはソ連と戦っているフィンランド支援を名目に、ノルウェーに上陸して鉄鉱石を確保する。しかしフィンランドがソ連と講和したため、撤退を余儀なくされた。

ドイツによる侵攻

 このような状況を見たドイツは、ノルウェーが中立を維持するのは困難だと判断した。

 奇襲攻撃を受けたノルウェー政府は首都から退避し、連合国の支援を頼りに抵抗する道を選んだ。イギリスとフランスが再びノルウェーに派兵する。

 南部地域はドイツ軍の手に落ちたが、北部地域で連合軍はドイツ軍を山岳地帯へ追い込んで包囲した。

 しかし、フランス本国とオランダ、ベルギー、ルクセンブルクがドイツの攻撃を受けたため、連合軍はノルウェーからの撤退を決めた。ノルウェー国王一家と政府はイギリスに逃れた。

占領下のノルウェー

 ドイツは協力的な国民統一党以外の政党を非合法化して、ドイツが行政機関を支配した。この際にレジスタンス参加者2000名が処刑され、3万人が投獄された。

 ドイツはノルウェーを戦争の勝敗を左右する「死活領域」に指定し、4万人を超えるドイツ軍が駐留した。ノルウェーの鉄鉱石と海産物はドイツにとって重要な地位を占めていた。

 ノルウェー人はゲルマン民族に属するため、他国に比べればドイツの統治は穏やかだった。7000人のノルウェー人がドイツ軍に参加し、東部戦線に赴いた。

 ドイツは国民統一党に政治を委任し、国民統一党はドイツとの協力体制を推進しようとしたが、ノルウェー国民がナチ化することはなかった。

 国民統一党が労働組合を支配して影響力を強めると、多くの組合員が脱退した。教師はナチ教員同盟への加入を拒否して大量の逮捕者を出した。最高裁判事は辞職し、体操選手はあらゆる公式行事をボイコットした。当局には抗議の手紙が殺到した。

亡命政府の活動

 ロンドンに拠点を置いた亡命政府は、ノルウェー商船隊を統率して連合国の輸送活動に従事した。ノルウェー商船隊はイギリス生命線の一翼を担った。

 商船隊の収入で亡命政府は軍隊を組織する。陸軍がスコットランドで結成され、パイロットはカナダで訓練を受けてイギリス上空を守った。北海では海軍がドイツ軍と戦った。

 ノルウェー国王はノルウェー国民にラジオで呼びかけ、亡命政府は国内のレジスタンスを資金・武器両面で支援した。

終戦とノルウェー

 戦争末期にノルウェー北部はソ連軍に解放された。

 終戦時、ノルウェーの国内には36万のドイツ軍が残っていた。彼らがどのような行動を取るか、市民は大きな不安を抱いた。降伏を拒めばノルウェー国内が戦場となる恐れがあった。5月8日、ドイツ軍は降伏した。

 戦後、ノルウェーではドイツ軍に協力した2万3千人が投獄され、25人が死刑になった。