第二次世界大戦の解説

バルト三国と第二次世界大戦

 バルト海に面するリトアニア、ラトヴィア、エストニアの三国は、第一次世界大戦で独立を果たした。

 ドイツとソ連の間にあったバルト三国は、常に大国の脅威にさらされていた。エストニアとラトヴィアは防衛条約を結び、さらにソ連と不可侵条約を結んで自国の安全を確保しようとした。リトアニアもソ連と不可侵条約を結んだ。

 ドイツでヒトラーが政権を取ると、バルト三国は協力条約を結んで結束を強めた。

大国の狭間で

 イギリスとソ連はバルト三国を仲間に引き入れようと工作したが、三国はドイツとの関係維持に努めた。

 1939年3月にリトアニアはドイツと不可侵条約を結んだ。このときドイツは対ポーランド軍事同盟も提案してきたが、リトアニアは断った。リトアニアに続いて、エストニアとラトヴィアもドイツと不可侵条約を結んだ。

 しかしドイツとソ連は双方の影響圏を確認し、秘密協定を結んでいた。ポーランドの一部をドイツが得る代わりに、バルト三国はソ連の影響圏とすることになっていた。バルト三国に居住していたドイツ人は、本国へ引き揚げていった。

ソ連に屈服する三国

 1939年11月、ソ連の要求をフィンランドが拒否すると、ソ連はフィンランドに侵攻した。

 バルト三国とフィンランドは同じような状況にあったから、三国は国際社会がどのように対応するのかに注目した。しかし、フィンランドはイギリスやフランスの支援を得ることはなかった。

  ドイツ、イギリス、フランスの支持を得られないことが確定したバルト三国は、ソ連の要求に逆らうことはできなくなった。1940年6月、バルト三国はソ連の要求に屈して、全土を占領下に置かれた。

 ラトヴィアとエストニアの大統領はソ連に連行され、リトアニアの大統領だけが脱出に成功し、アメリカに亡命した。国際社会でバルト三国に手をさしのべる国はなかった。

 バルト三国はソ連の構成国に組み入れられた。企業は国有化され、土地は農民に分配された。数万人がシベリアに送られ、聖職者は逮捕された。

ドイツの侵攻

 1940年6月、ドイツ軍がソ連侵攻を開始した。

 バルト三国の市民はドイツ軍を解放者として歓迎した。リトアニアでは3万人が進んでソ連軍との戦いに志願した。エストニア人、ラトヴィア人もドイツの武装親衛隊に動員され、ソ連との戦いに参加することになった。

 しかし、ドイツはバルト三国の独立を認める気はなかった。各国の独立指導者は逮捕され、ユダヤ人は強制収容所へ送られた。一部のユダヤ人はソ連に逃げ込んだり、日本を経由してアメリカに亡命した。

 日本はドイツの同盟国だったが、リトアニア日本領事館の杉原千畝がユダヤ人に日本を経由するビザを発行したのだった。

ソ連の再占領

 1944年、ソ連軍がバルト三国を再占領した。

 このときドイツ軍に徴用されていたエストニア兵士は、中立国スウェーデンに逃げ込んだ。しかしスウェーデンはソ連に圧力に屈し、兵士たちをソ連に引き渡した。

 多くの市民はソ連軍に加えられ、ドイツと戦うことになった。

 バルト三国は第二次世界大戦で人口の5分の1を失った。エストニアとラトヴィアは領土の東側を失い、逆にリトアニアはドイツ領の一部を得ることになった。戦後、バルト三国はソ連の勢力圏に取り込まれた。