第二次世界大戦の解説

第二次世界大戦とポーランド

ポーランドと第二次世界大戦

 ドイツはオーストリアを併合し、チェコスロバキアを占領した。さらに自由都市ダンツィヒのドイツ併合、ドイツと東プロイセンを結ぶポーランド回廊への高速道路・鉄道の敷設を認めるようポーランドに迫り、1934年に結んでいた不可侵条約を破棄した。

 ドイツの動きに対して、イギリス首相チェンバレンはポーランドの独立を保障すると宣言。フランスもこれに加わった。

ドイツのポーランド侵攻

 1939年9月1日午前4時45分、ドイツ軍がポーランドへ侵攻を開始した。ヒトラーは、ポーランドを占領してもイギリスの参戦はないと考えていた。当時のイギリスは戦争の準備が整っていなかったし、フランスも戦争を望んでいなかった。

 ドイツ軍は数時間のうちに制空権を掌握し、ポーランド軍の飛行場を破壊した。ポーランド軍の防衛線を突破し、都市への無差別爆撃が開始された。

 9月3日、イギリス・フランスがドイツに宣戦布告。

 この頃、ポーランド軍はブィドゴシュチの市街戦でドイツ軍を破り、ドイツ兵300名が戦死した。ドイツはこの事件を「血の日曜日」と名付け、2日後にブィドゴシュチを占領すると報復として市民400人を射殺した。

 ドイツ軍はポーランド北部と西部で勝利し、首都ワルシャワに迫った。

 イギリスとフランスはポーランドの敗退を見て、ドイツへの攻撃を控えることに決めた。フランス軍はマジノ線まで後退する。ポーランドは独力でドイツと戦わなければならなかった。

ソ連の参戦

 9月17日、不可侵条約を破棄してソ連軍がポーランドに侵攻する。

 ソ連軍の戦車はドイツ軍の2倍であり、東西から攻撃を受けたポーランドの抵抗はもはや不可能だった。ポーランド政府は友好国ルーマニアに逃げ去った。

 ワルシャワは3週間の抵抗の末、ドイツ軍に占領された。

 かつて軍事大国として名を馳せたポーランドの抵抗は激しく、ドイツ軍はポーランド侵攻で4万5千人の死傷者を出し、1000台の装甲車と戦車、700機の航空機を失った。

占領下のポーランド

 ポーランド西部はドイツに併合され、南部は総督管区となった。

 ドイツとなった地域のポーランド人40万人とユダヤ人60万人は追い出された。ポーランドの知識層は強制収容所へ送られ、ユダヤ人はゲットー(ユダヤ人隔離地域)に集められた。

 ポーランドの教育・文化施設は廃止され、初等学校と職業専門校のみ残された。ポーランド人は読み書きと労働に必要な技術のみ学ぶことになった。

 すべてのポーランド人は労働を義務づけられ、ドイツ人の奴隷となった。ヒトラーにとってポーランド人は下等人種であり、ドイツ帝国の市民となることはありえなかった。

 一方、ソ連占領地域のポーランド人にはソ連の市民権が与えられた。ソ連は1920年にポーランド軍に敗れた恨みを持っていたが、ヒトラーのような人種差別意識は持っていなかった。ソ連市民はロシア語を理解していなければならなかったが、私的にポーランド語を使用することは特に問題なかった。

 ソヴィエト共産党が憎んでいたのは非共産主義者であり、将校、警察官、官吏、地主などが「反革命分子」として強制連行された。特にポーランド人将校は2万人以上が銃殺された。

 強制連行を免れたポーランド市民は、他のソ連市民と同じく自由な移動を禁じられ、労働と徴兵の義務を負わされた。

外国でのポーランド兵

 ポーランド亡命政府や一部のポーランド兵はイギリスに渡り、熱狂的な歓迎を受けた。ヨーロッパでドイツと戦っているのはイギリスだけになっていた。ポーランド人のパイロットと整備士は、イギリスにとって貴重な戦力だったのである。

 ポーランドのパイロット50名はイギリス空軍に加わり、バトル・オブ・ブリテンでドイツ空軍と戦った。ポーランド人によるドイツ軍航空機撃墜数は、全体の12パーセントを占めた。

 独ソ戦が開始されると、ソ連ではポーランド師団が創設された。ポーランド師団は1943年から戦闘に加わった。ただし、ロンドンのポーランド亡命政府と、侵略者であるソ連の対立が解消されることはなかった。

 ポーランド兵はモンテ・カッシーノの戦いにも参加した。3000名近くの負傷者と1000名近くの戦死者を出し、重要拠点の占領に成功した。この戦いはポーランド人の勇猛さを象徴する事件となった。

ワルシャワ蜂起

破壊されたワルシャワ
破壊されたワルシャワ

 1944年8月1日、ワルシャワでレジスタンスが蜂起した。蜂起軍は一時市街の大部分を手中に収めたものの、ドイツ軍の反撃を受けて追い詰められていった。

 ソ連軍はワルシャワの目前まで前進していたが、スターリンは亡命政府主導の蜂起に対しては非協力的だった。

 蜂起軍は63日間の抵抗の末、降伏した。この戦いでワルシャワの市民18万人が犠牲になった。ドイツ側も損害は大きく、1万8千人が死亡または行方不明となった。

 1945年1月17日、ソ連支配下のポーランド軍がワルシャワに入った。ワルシャワはドイツ軍の手によって徹底的に破壊されており、廃墟になっていた。首都の移転も検討されたが、ポーランド復活の象徴として、ワルシャワの再建が決定された。

 ワルシャワには50万人以上の市民が戻り、ワルシャワ歴史地区は18世紀の風景画をもとに正確に復元された。