第二次世界大戦の解説

フィンランドと第二次世界大戦

 第一次世界大戦のロシア帝国崩壊によって、フィンランドは独立を果たした。

 1939年にポーランドが分割されると、ソ連はエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国に軍事基地の提供を要求した。フィンランドにはレニングラードに近い領土の割譲と、フィンランド軍の国境からの後退、ハンコ岬の貸与を要求する。

 ハンコ湾を貸与すれば、中立が失われることが明らかだった。フィンランドはソ連の要求を拒否した。

冬戦争

 1939年11月30日、ソ連軍が宣戦布告なしに侵攻を開始した。冬戦争の始まりである。

 フィンランド軍はマンネルヘイム将軍指揮の下、気温マイナス40度の中塹壕に籠もって抵抗した。地形を最大限に利用し、白い服を着たスキー部隊、火炎瓶攻撃によってソ連軍を破った。包囲戦術によってソ連兵2万人が戦死した。

 フィンランド軍は10倍の兵力のソ連軍に対し、「マンネルヘイム線」で2か月間持ちこたえた。さらにイギリスとフランスが援軍を送り込もうとしたため、ソ連は講和に応じることになった。

ドイツとの協力体制

 1940年3月13日、モスクワ講和条約が結ばれた。その内容はフィンランドにとって過酷なもので、カレリア地峡、フィンランド湾東側諸島の割譲に加え、ハンコ岬のソ連への30年間の貸与といったものだった。

 カレリアの42万人の住民はフィンランドに移り住まなければならなくなった。

 1940年3月、バルト三国がソ連に取り込まれた。さらにソ連は北欧の防衛同盟を禁じ、フィンランドにソ連軍のハンコ岬への鉄道移動を認めるよう要求する。

 フィンランドに協力を申し出たのはドイツだった。フィンランド政府はドイツの提案を受け入れ、強力な後ろ盾を得た。

継続戦争

 1941年6月22日、ドイツ軍がソ連に侵攻を開始した。

 ドイツはフィンランドが戦線に加わったと発表したが、フィンランドは中立を宣言し、あくまで自衛戦争を行っていると強調した。

 十分に訓練されたフィンランド軍50万はドイツ軍とともにソ連に攻め込み、旧国境を突破した。ドイツ軍はレニングラードに向かい、フィンランド軍はラドガ湖北部へ進軍した。ドイツ軍はレニングラード包囲に加わるよう要求してきたが、フィンランド政府は拒否する。ドイツと命運を共にする気はなかったのである。

 1941年12月、イギリスがフィンランドに宣戦布告する。冬戦争の時とは異なり、継承戦争でのフィンランドは国際社会で好意的に見られてはいなかった。ただし、イギリスはフィンランドに対する軍事行動は何も起こさなかった。

 フィンランドはソ連の和平提案を拒否していたが、ドイツがスターリングラードで敗れたため、ソ連との単独講和を模索するようになった。しかしフィンランドは食料をドイツに依存していたため、ドイツの反対にあって交渉は難航した。

単独講和へ

 1944年6月、連合軍がノルマンディーに上陸すると、ソ連軍もフィンランドに大攻勢をかけた。フィンランド軍は戦線を突破され、カレリアから撤退する。

 立場が逆転したソ連は、フィンランドの問い合わせに対してに無条件降伏以外は受け入れないと回答した。ソ連はフィンランド全域を占領するつもりだった。一方のドイツは、同盟を結ぶのならばフィンランドを支援すると約束した。

 フィンランドはドイツの了解なしに単独講和を結ばないことを条件に、ドイツから急降下爆撃機と対戦車兵器を得た。フィンランド軍はこれらの兵器を使ってソ連軍の攻撃を食い止めることに成功した。

 1944年9月、リュティ大統領に代わってマンネルヘイムが大統領となった。マンネルヘイムはドイツとの約束を破り、フィンランドはソ連の厳しい条件を受け入れて休戦条約に調印した。

 休戦にはフィンランドからドイツ軍を駆逐することが条件だったが、ドイツ軍はなかなか撤退しなかった。フィンランド軍とドイツ軍が交戦したのはわずかだったが、ドイツ軍は報復にフィンランドの街を破壊していった。

 戦後、1944年まで大統領だったリュティには禁固10年の判決が下った。国民は禁固刑となった人たちに同情的で、リュティは4年で釈放された。

 マンネルヘイムはフィンランドを守った最大の英雄として称えられている。