第二次世界大戦の解説

第二次世界大戦とベルギー

ベルギーと第二次世界大戦

 ベルギーは永世中立国だったが、第一次世界大戦でドイツ軍の侵攻を受けた。ドイツに近いリエージュ要塞で激しく抵抗したものの、結局占領されてしまった。

 戦後、ベルギーは中立政策を捨てた。

 ドイツの脅威に備えるため、フランスと同盟を結び、ルクセンブルクと経済同盟を結んだ。しかし、第一次世界大戦を戦い、国民に高い人気を誇った国王アルベール1世は、趣味の登山中に遭難死してしまった。

 1934年に即位したレオポルド3世は、フランスとの同盟はドイツを刺激することになり、ベルギーが目標になってしまうのではないかと危惧した。彼は独自の外交政策を展開し、ベルギーは再び中立政策へと立ち返ることになる。

ベルギーの中立政策

 ドイツがポーランドデンマークノルウェーに侵攻すると、次の目標がベルギーになることは明白だった。イギリスとフランスはベルギーに軍の常駐許可を求めた。

 しかし、レオポルド3世は中立の望みを捨てず、これを拒否した。それだけでなく、ドイツの意を汲み国内の共産主義者や活動家、ユダヤ人を追放した。その中にはイギリス人やフランス人も含まれていた。

 フランスのレノー首相はヒトラーと同等に扱われたことに激怒し、イギリスのチャーチル首相も愚かだと嘆いた。

ベルギーの戦い

 1940年5月10日、ドイツ空軍がベルギーへの空爆を開始した。ベルギー空軍は一瞬にして壊滅し、ベルギー最大のエバン・エマール要塞は24時間で陥落した。レオポルド3世はベルギー軍を率いて西へ退却しつつ、国民に徹底抗戦を呼びかけた。

 5月12日から14日にかけて、アニューの村でベルギー・フランス連合軍とドイツ軍の大規模な戦車戦が発生した。この戦いで連合軍はドイツ軍の足止めに成功し、イギリス軍はかろうじてダンケルクから撤退することができた。

 5月25日、ベルギー政府と国王は今後の方針を話し合ったが、意見は真っ向から対立した。政府はイギリスに亡命して徹底抗戦するべきと説き、国王は無条件降伏するのが最良だと主張したのである。

 話し合いは決裂し、政府首脳はイギリスへ亡命、さらにレオポルド3世をベルギー国王と認めないと宣言した。5月28日、国内に残ったレオポルド3世はドイツに降伏する。

占領下のベルギーと解放

 ベルギーはドイツに支配され、食糧配給は極端に制限された。また、連合軍からの空爆もたびたび受けることになった。しかし、当初は枢軸国側が明らかに優勢だったため、国民はドイツに協力する者が多かった。ベルギー・オランダ・北フランスに統一国家の樹立を目指す動きも見られた。

 一方でレオポルト3世はナチスの意向に反し、国内の統治を拒否した。彼の主張は終始一貫して「中立」の維持であり、ドイツに協力する気はなかった。

 1944年6月に連合軍がノルマンディーに上陸すると、ベルギーは再び戦場となった。9月9日までにブリュッセル、リエージュなどの主要都市が解放され、11月3日には全域が連合軍に解放された。

孤立するレオポルド3世

 国王は戦争中に住まいをドイツ国内に移しており、たとえベルギーが連合軍に解放されようとも、ベルギーは連合国に与しないと宣言していた。

 また、戦争中にレオポルド3世は平民出身のリリアンと結婚し、ヒトラーの祝福を受けていた。かつてレオポルド3世はヨーロッパで注目の的だったスウェーデン王室の美女アストリッド妃と結婚。アストリッド妃は国民から敬愛されていたが、国王の運転する車が事故を起こした。この際に同乗していたアストリッド妃は亡くなっていた。

 このようないきさつから、国民はレオポルド3世を厳しい目で見ており、国を捨てた裏切り者と見なす者も少なくなかった。

 戦後、レオポルド3世が国王に復位する意思を表明し、国民投票が行われた。結果は57パーセントが賛成だったが、首都ブリュッセルやフランスに近いワロン地域では賛成が50パーセントを下回った。

 レオポルド3世はベルギーに戻ったものの、国内では大規模な抗議運動が巻き起こり、死者まで出す事態となった。レオポルト3世は復位を断念し、息子のボードゥアン王子に王位を譲った。