第二次世界大戦の解説

オランダと第二次世界大戦

オランダと第二次世界大戦

 第一次世界大戦でベルギーやルクセンブルクが占領されたにも関わらず、オランダは攻撃されずに済んだ。その理由は、単にドイツにとってオランダに攻め込むだけの兵力が不足していたからだった。オランダは戦争中総動員体制をとり続け、ベルギーから多くの難民を受け入れた。

 オランダも他国同様に世界恐慌に巻き込まれ、一時ファシズム勢力が台頭した。しかし、支持は広がらなかった。

 当時オランダでは、コレイン首相が絶大な支持を得ていたからである。コレインは植民地の戦争で手柄を立て、軍制改革に手腕を発揮した後、石油会社の取締役になった男だった。彼は叩き上げの力強いイメージと、広い心を持っていた。読書家でもあった。

 コレイン首相はナチスもよく研究したが、その思想に共鳴することはなかった。コレインは第二次世界大戦勃発の直前の1939年8月に首相を退いた。

オランダ降伏と占領下のユダヤ人政策

 1940年5月10日、ドイツ軍がオランダに侵攻を開始した。

 オランダ軍は抵抗を試みたが、主要都市ロッテルダムが猛爆撃を受けて壊滅したのを見て、抵抗するのを止めた。政府とウィルヘルミナ女王一家はイギリスに亡命し、5月15日にオランダは降伏した。

 ドイツはオランダ占領後、すぐさまユダヤ人迫害に乗り出すことはなかった。オランダでのユダヤ人絶滅計画は用意周到に進められた。

 段階的にユダヤ人の公務員を解任し、当局への届け出、身分証にユダヤ人を示すマークを入れることを義務づけていった。ついにはユダヤ人は胸にマークを入れなければならなくなり、ドイツへ「労働」のために連れ去られていった。

 「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクをはじめ、オランダ人に匿われていたユダヤ人もいたが、発覚すればオランダ人も厳罰に処される命がけの行為だった。

オランダの抵抗運動とマーケット・ガーデン作戦

 ドイツは戦局が悪化すると、ユダヤ人だけでなくオランダ人の強制動員も始めた。国内ではレジスタンス活動が活発化し、ユダヤ人を助けるために戸籍登記所の襲撃事件が各地で起こった。

 ノルマンディーに上陸した連合軍はフランスとベルギーを解放したが、オランダにはライン川が障壁となって進軍が遅れていた。イギリスのモントゴメリー将軍はマーケット・ガーデン作戦でドイツ軍の防衛線を突破する作戦を立てた。

 ロンドンのオランダ亡命政府はこれに合わせて、ラジオを通じて国民に鉄道ストライキを呼びかけた。しかしマーケット・ガーデン作戦は失敗に終わり、ストライキも短期間で終息した。

 ドイツ軍は報復としてオランダの水上交通を禁止した。食料と燃料の供給が途絶えたところに、寒波が重なった。1944年から1945年にかけての「飢餓の冬」でオランダ人2万人が命を落とした。棺桶が暖を取るために燃やされたため、埋葬もできないような有様だった。

 1945年3月、ついに連合軍はライン川の渡河に成功した。飢えに苦しむオランダ人を救うため、連合軍は上空から食料を投下した。

 5月5日、ドイツ軍は降伏文書に署名し、戦争は終わった。首都アムステルダムにカナダ軍が入城したのは、その3日後である。5月5日はオランダの解放記念日となっている。

インドネシア独立戦争

 オランダ本国では戦争が終わったものの、東アジアでは戦争が続いていた。現在のインドネシアは、オランダの植民地「オランダ領東インド」だった。

 1945年8月17日、日本の降伏から2日後、スカルノはインドネシアの独立を宣言した。インドネシア国内は独立派と旧体制派の内戦状態となり、到着したイギリス軍と、連合国の指示を受けた残留日本軍が治安維持に当たった。

 オランダ軍がインドネシアに到着したのは1946年3月のことである。オランダ政府はスカルノを日本軍の傀儡政権と見なし、親オランダ勢力をまとめてオランダ女王を首長とするオランダ=インドネシア連合を樹立しようとした。

 オランダは貴重な植民地を放棄する気はさらさらなかった。オランダの収入の1割以上が植民地からもたらされていた。

 オランダは翌年に10万の軍を派遣し、さら次の年には14万の軍を送り込んでスカルノを逮捕した。しかし独立勢力は臨時政府を立ててゲリラ戦で抵抗した。

 この紛争に介入したのはアメリカだった。アメリカはオランダが植民地支配を続けることで、インドネシアが共産化することを恐れた。オランダに対し、軍事行動をやめねば支援を打ち切ると示唆した。当時オランダは、復興のためにアメリカから多額の援助を受けていたのである。

 1949年12月27日、オランダは東インド植民地を放棄し、インドネシア共和国の独立を承認した。こうして400年に及ぶ東インド植民地の歴史は幕を閉じた。