第二次世界大戦の解説

スターリングラード攻防戦

スターリングラード攻防戦

 1942年9月13日、ドイツ第六軍がスターリングラードへ総攻撃を開始した。第六軍の司令官パウルス大将はヒトラーに対し、スターリングラードは一か月ほどで陥落させられると説明していた。

 スターリングラードはソ連の指導者スターリンの名を冠する、南ロシアの重要な工業都市だった。この象徴的な都市を陥落させることは、ヒトラーにとって大きな意味を持っていた。

 この都市を守るのはワシリー・チュイコフ中将が指揮するソ連第62軍だった。第62軍はドイツ軍と交戦しながら後退していたので、部隊は疲れ切っていた。指揮系統もばらばらで、兵力がどれだけあるかも把握できていないような状態だった。

スターリングラード市街戦

 市街戦では戦車も役に立たず、砲撃も爆撃も効果がなかった。ドイツ軍とソ連軍は建物ひとつひとつを奪い合う戦いを繰り広げた。ソ連軍は廃墟と化した建物に巧妙に隠れ、下水道を使って後方から襲いかかったりした。

 それでも、ドイツ軍は二週間で市街地の半分を占領した。

 10月14日、ドイツ軍は3000機の爆撃機を投入してスターリングラード市街地に大規模な爆撃を行った。ソ連軍守備隊は壊滅的な打撃を受けた。ついにドイツ軍は市街地の九割を確保した。

 この情報にヒトラーは喜んだ。しかし、ドイツ軍がスターリングラードを手中に収めようとしていたとき、ソ連軍は密かに反攻作戦を開始しようとしていたのだった。ドン川の北に百万人以上の兵力、千機以上の航空機、そして戦車九百両が集結していた。

天王星作戦

 11月19日、ソ連軍は反攻作戦「ウラン(天王星)作戦」を開始した。ソ連南西方面軍がスターリングラードの西にいたルーマニア第三軍に襲いかかり、これを壊滅させた。同時にスターリングラード方面軍も前進を開始し、ルーマニア第四軍と交戦状態に入った。

 ドイツ第六軍のパウルス上級大将は、このソ連軍の動きを小規模な反撃だと判断した。そのため特に対応を取らずに、スターリングラード攻撃を続行していた。

 南北からの猛攻を受け、スターリングラード西方にいたルーマニア第三軍、第四軍は壊滅した。ドイツ第六軍はまもなくソ連軍に包囲されようとしていた。

 ようやく包囲されたことに気づいたパウルスは、包囲網を突破し南西へ逃れようとした。しかしヒトラーは撤退を許さなかった。

 この危機的状況に、レニングラード方面で指揮を執っていたマンシュタイン元帥が急遽やってきた。マンシュタインは主力の四号戦車をかき集めて包囲の外側からソ連軍を攻撃し、ドイツ第六軍の脱出を助けようとした。

 だが、パウルスは動かなかった。彼の第六軍はヒトラーの命令を守り、スターリングラードに留まった。ついに包囲は完成し、第六軍が脱出できる可能性は消えた。

ドイツ第六軍の降伏

 ドイツ軍は孤立する第六軍のために空輸で物資や食料を送った。しかしドイツ第六軍は日に日に陣地を縮小していった。ついにすべての飛行場がドイツ軍の手に落ち、戦闘は不可能になった。

 ヒトラーはパウルスを元帥に昇進させ、ドイツ第六軍を古代のペルシャ戦争におけるスパルタ軍になぞらえた。第六軍には、英雄的な死が望まれていた。

 しかし、パウルスは伝説の英雄になる気はなかったようだ。元帥に昇進した翌日、ドイツ第六軍は降伏した。