第二次世界大戦の解説

ダンケルク撤退作戦

ダンケルク撤退作戦

 1940年5月10日、ドイツ軍がオランダに侵攻を開始した。

 ドイツ軍はオランダ国境にB軍集団、ベルギー国境にA軍集団、フランス国境にC軍集団を配置していた。このうち、オランダに攻め込んだのはB軍集団である。

オランダ・ベルギーの戦い

 ドイツ軍のオランダ侵攻の報を受け、宥和政策を続けていたイギリス首相ネヴィル・チェンバレンが即日辞任し、強硬派のチャーチルが首相になった。チャーチルは直ちにベルギー国境付近にいた英国遠征軍(BEF)をオランダ救援に向かわせた。

 オランダ軍の兵力は四十万人だったが、ドイツ軍の攻撃により満足な抵抗もできずに降伏した。B軍集団はそのままベルギーに侵入し、イギリス・フランス連合軍と対峙した。

 しかし、このB軍集団の動きは罠だった。両軍がベルギーで退治している間に、ルントシュテット将軍の指揮するA軍集団がアルデンヌの森を突破し、背後から英仏連合軍に襲いかかった。

 アルデンヌの森は戦車が通ることは不可能だと考えられていて、フランス軍はここの守りを薄くしていた。背後からの奇襲を受けた英仏連合軍は大混乱に陥り、海に向かって敗走した。

ダンケルクの奇跡

 ここでA軍集団は突然、三日間進軍を停止した。ヒトラーが進軍停止を命じたからだった。この間に英仏連合軍はダンケルクに逃げ込むことができた。

 なぜヒトラーが進撃停止を命じたのかはわかっていない。一説には、陸軍の活躍を止めて空軍の活躍機会を得たかった空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングの進言だったとされている。

 攻撃が再開されたとき、英仏連合軍は体勢を立て直していた。ダンケルクで敵を撃退した。ドイツ空軍も出撃したが、イギリス本土から飛来した戦闘機に阻まれた。

 この間にチャーチルはイギリス国内で船をかき集め、ダンケルク救出へと向かわせた。ダンケルクは遠浅の海だったため、大型の船は接岸できなかった。そこでイギリス中からかき集めた漁船やヨット、遊覧船が大活躍した。

 最終的に三十五万人の将兵がダンケルクからイギリス本土へ撤退することに成功した。これを「ダンケルクの奇跡」ともいう。

 ただし、撤退に成功したと言っても戦車や火砲は捨て置くしかなかった。フランスの敗北は明らかだった。

ダンケルク演説

 ダンケルク撤退作戦が完了した次の日、イギリス首相チャーチルは議会で演説した。

 ……すべての国民が義務を果たし、最善を尽くせば、何年かかろうと、孤立無援となろうとも、我々は故郷を守り、戦いを勝ち抜き、暴政の脅威から生き延びることができる。

 大英帝国とフランス共和国は大義のため一丸となり、命をかけて祖国を守ろうとしている。

 ヨーロッパの広大な土地と伝統ある国家がゲシュタポやナチスの手に落ち、落ちようとしているが、我々は怯むことも止まることもない。

 我々は最後まで戦う。フランスで戦い、海で戦う。空で戦う。我々はいかなる代償を払おうとも、国土を守る。

 海岸で戦い、上陸地点で戦い、野で、街で、丘で戦う。

 我々は決して降伏することはない。

 万が一、このイギリス本土が征服され、飢えることがあろうとも、海の向こうに広がる我が帝国がイギリス艦隊と共に戦いを続け、解放をもたらしてくれるはずだ。

 この演説の六日後、フランスはパリを放棄した。まもなくフランスが降伏したが、イギリスは孤軍奮闘してドイツ軍の攻撃を凌いだ。