第二次世界大戦の解説

沖縄戦

沖縄戦

 1944年3月より、沖縄には日本軍第32軍が配置されていた。第32軍は司令部を首里に置き、沖縄本島、奄美群島、宮古列島、八重山列島などを管轄していた。

 第32軍の兵力は十万人ほどだったが、台湾防衛のために一部の部隊が引き抜かれた。アメリカ軍の接近が迫ると、第32軍は住民や学生を徴収して備えた。

アメリカ軍の上陸

 アメリカ軍が最初に上陸したのは1945年3月23日、慶良間列島だった。慶良間列島の地形が大艦隊の停泊に適していることに目をつけた結果だった。日本側は慶良間列島への上陸は予想していなかったため、上陸はあっさりと成功した。

 拠点を確保したアメリカ軍は、まず沖縄本島に二万八千発の艦砲射撃と三千機による爆撃を行った。さらに戦艦十隻による艦砲射撃を二時間行い、一切の障害物を排除してから上陸した。

 アメリカ軍はペリリュー島で日本軍の激しい抵抗に遭っており、日本軍の反撃を警戒していた。しかし日本軍は目立った反撃を行わなかったため、上陸は成功した。まもなく嘉手納飛行場、読谷飛行場もアメリカ軍が占領した。

戦艦大和の出撃

 台湾にあった日本軍の司令部は沖縄に上陸したアメリカ軍に対し、海軍と連携して大規模な攻撃を行うという大作戦を計画した。

 日本本土より戦艦大和を出撃させ、読谷または嘉手納の砂浜に乗り上げて陸上砲台としてアメリカ軍を粉砕しようというのである。

 4月6日、戦艦大和が軽巡洋艦一隻と駆逐艦八隻を率いて出撃した。しかし大和の出撃は数時間で発見され、翌日には殺到したアメリカ軍機の攻撃を受けて沈没した。

嘉数陣地の攻防戦

 一方、沖縄の第32軍は宜野湾の嘉数(かかず)陣地でアメリカ軍と攻防を繰り広げていた。ここは首里まで四キロの地点で、日本軍は多くの陣地を構築していた。

 強固な陣地を突破するため、アメリカ軍は砲撃と爆撃を十分に行ってから、戦車と新兵器の火炎放射器を投入した。しかし日本軍は速射砲や高射砲で戦車を撃ち抜き、一日で22両を撃破した。

 アメリカ軍は嘉数陣地の攻略をあきらめ、迂回することにした。日本軍は後方の伊祖(いそ)陣地を失ったため、嘉数陣地を放棄して退却した。

 追い詰められた第32軍は総攻撃に打って出た。さらに台湾、九州から神風特別攻撃隊が出撃し、敵の駆逐艦三隻を撃沈した。第32軍は次々と壊滅していった。

首里放棄

 5月20日、第32軍は首里を放棄して南下することにした。第32軍と住民は雨天に合わせて撤退したものの、アメリカ軍に発見されて激しい攻撃に見舞われた。

 さらにアメリカ軍は退路を断つべく進軍しようとした。これは第32軍が大砲を撃ちまくって阻止した。首里からの撤退で第32軍は二万人の兵力を失った。

 追撃したアメリカ軍は国吉(くによし)丘陵で戦車21両を失い、バックナー指揮官が視察中に砲撃を受けて戦死した。アメリカ軍は首里の戦い以降、八千人以上の死傷者を出すことになった。

 6月22日、第32軍司令官の牛島満大将が自決。沖縄における日本軍の組織的な戦闘は終了した。