第二次世界大戦の解説

日本本土爆撃

東京大空襲

 超長距離爆撃機B-29スーパーフォートレスが完成したアメリカ軍は、日本本土空襲を計画し始めた。B-29を開発したのはボーイング社だったが、大量生産するためにゼネラル・モーターズ社、ノースアメリカン社、ベル社も生産に加わった。

 1943年8月、ケベックでアメリカ大統領ローズベルトとイギリス首相チャーチルが会談を行い、オーバーロード作戦(ノルマンディー上陸作戦)の実施と、日本本土空襲が決められた。

 最初の計画では、B-29をインドのカルカッタに配備し、中国の前進基地から日本本土を爆撃するというものだった。作戦名はマッターホーン作戦と決まった。

焼夷弾M69の開発

 前進基地は長沙か桂林が検討されていたが、どちらも日本軍の攻撃圏内だったため成都に置かれることになった。成都からの距離では九州までしか爆撃できないが、それでも十分な効果があると考えられた。

 ローズベルト大統領はカイロ会談でマッターホーン作戦を提案し、蒋介石とチャーチルの賛成を得た。アメリカ陸軍は、日本本土爆撃のために第二十爆撃兵団を創設した。司令官にはウルフ准将が任命された。

 アメリカ軍は日本を焼き尽くすため、B-29の他に新型焼夷弾M69も開発した。ひとつの爆弾に三十八発のM69焼夷弾が詰め込まれていて、投下するとばらまかれるという仕組みだった。

 M69焼夷弾の中身はナパーム(油脂ガソリン)で、着地するとTNT爆薬が爆発し、ナパームに引火、その勢いで三十メートル四方が炎に包まれるというものだった。

 東京の建物の九割は木造だったので、焼夷弾の威力は絶大だった。

日本本土爆撃

 1944年6月16日、成都を離陸したB-29が北九州に初めて爆撃を行った。第一目標は八幡製鉄所だった。爆撃を察知した日本軍は、35機の夜間戦闘機「屠龍(とりゅう)」により迎え撃った。夜間だったため八幡製鉄所の被害は軽微だったが、ドーリットル隊以来となる日本本土爆撃に、アメリカは沸き立った。

 これ以降、B-29の編隊は長崎、佐世保、諫早などに爆撃を行い、八幡製鉄所、三菱化成、戸畑製鉄などを爆撃していった。

 一方、アメリカ軍は別の飛行場を欲していた。成都からの爆撃では九州が限界で、東京も大阪も爆撃できなかった。そこで目をつけていたのが、マリアナ諸島だった。

 1944年7月、アメリカ軍はサイパン島、グアム島、テニアン島を占領した。さっそく飛行場を建設し、生産したB-29を次々と送り込んだ。これらマリアナ諸島からは日本の首都東京を爆撃することができる。

 アメリカ軍の最初の目標は、航空機の工場だった。中島飛行機の武蔵製作所(武蔵野市)が最初の目標で、品川、杉並、神田なども爆撃された。軍需工場などに精密爆撃を行っていたアメリカ軍だったが、効果はいまひとつだった。

 そこで司令官が交代となり、ルメイ少将が爆撃の指揮を執った。ルメイ少将は軍需工場のみを狙った精密爆撃ではなく、片っ端から焼き尽くす絨毯爆撃を指示した。神田、赤坂、四谷などが焼き払われた。

 東京への空襲は百回以上行われたが、最大の死傷者を出したのは3月10日の空襲だった。東京がよく燃えるように風の強い日が選ばれ、325機のB-29が東京の下町を襲った。現在の墨田区、江東区、台東区が焼き払われ、東京都庁も焼け落ちた。この日の犠牲者は八万3,000人を超えたとされる。

 1964年、日本政府は各都市への無差別爆撃を指示したルメイ少将に勲一等旭日大綬章を贈った。