第二次世界大戦の解説

重巡洋艦利根(とね)

利根
利根

利根のデータ

基準排水量 14,070トン
全長 201.6メートル
速力 35.5ノット
主砲 20センチ砲×8門

利根の解説

 利根は水上偵察機を搭載する偵察巡洋艦です。

 主砲塔をすべて前方に配置し、後方には水上偵察機を搭載できるようになっています。

 航空索敵能力に優れ、長大な航続力を持つ利根は姉妹艦の筑摩とともに空母機動部隊に編入され、数々の戦いに参加することになりました。

 真珠湾攻撃、ウェーク島攻略、ポート・ダーウィン空襲などに参加。ミッドウェー海戦では利根の艦載機が敵の機動部隊を発見しました。レイテ沖海戦では栗田艦隊に所属し、他艦とともにアメリカ軍の護衛空母と駆逐艦を撃沈しています。

 江田島で空襲を受けて大破着底し、終戦を迎えました。