第二次世界大戦の解説

重巡洋艦妙高(みょうこう)

妙高
妙高

妙高のデータ

基準排水量 13,000トン
全長 204メートル
速力 33.9ノット
主砲 20センチ砲×10門

妙高の解説

 妙高はワシントン海軍条約で制限された1万トン重巡洋艦の第1号です。

 昭和4年に完成し、太平洋戦争では第5戦隊の旗艦を務めました。

 レイテ沖海戦で空襲を受けて損傷し、シンガポールで応急修理後に再出撃しました。その後サイゴン沖で潜水艦の雷撃を受け、シンガポールに停泊した状態で終戦を迎えました。