第二次世界大戦の解説

重巡洋艦加古(かこ)

加古
加古

加古のデータ

基準排水量 8,700トン
全長 185メートル
速力 33.0ノット
主砲 20センチ砲×6門

加古の解説

 加古は古鷹型重巡洋艦の2番艦です。大正時代に完成した最後の重巡洋艦になります。

 太平洋戦争では姉妹艦の古鷹とともに行動し、第一次ソロモン海戦では重巡洋艦4隻を撃沈するという戦果を上げました。

 その2日後、加古は期間途中に潜水艦の雷撃を受けて沈没しました。