第二次世界大戦の解説

重巡洋艦青葉(あおば)

青葉
青葉

青葉のデータ

基準排水量 9,000トン
全長 185メートル
速力 33.4ノット
主砲 20センチ砲×6門

青葉の解説

 青葉は当初、古鷹型重巡洋艦の3番艦として建造される予定でしたが、設計の一部が変更ています。しかし基本的な設計は古鷹型と同じです。

 昭和2年に完成し、太平洋戦争では第6戦隊の旗艦を務めました。

 サボ島沖夜戦で青葉はアメリカ軍のレーダー射撃を受けて艦橋が破壊され、艦隊の司令官が戦死しています。

 レイテ沖海戦では出撃直後に潜水艦の雷撃を受けて航行不能になり、呉軍港に曳航されました。その後は修理されることなく、空襲を受けて着底。戦後に解体されました。