第二次世界大戦の解説

戦艦山城(やましろ)

山城
山城

山城のデータ

基準排水量 34,500トン
全長 213メートル
速力 24.5ノット
主砲 36センチ砲×12門
副砲 15センチ砲×14門

山城の解説

 山城は扶桑級戦艦の2番艦です。

 太平洋戦争で山城と扶桑は出撃の機会がなく、練習艦として使用されていました。

 山城はレイテ沖海戦で第三夜戦部隊の旗艦として、扶桑とともに出撃しました。第三夜戦部隊はスリガオ海峡でアメリカ艦隊の待ち伏せに遭い、扶桑が爆沈、山城も集中砲火を受けて沈没しました。