第二次世界大戦の解説

戦艦武蔵(むさし)

武蔵
武蔵

武蔵のデータ

基準排水量 65,000トン
全長 263メートル
速力 27.0ノット
主砲 46センチ砲×9門
副砲 15.5センチ砲×12門

武蔵の解説

 武蔵は大和型戦艦の2番艦として建造されました。

 武蔵は司令部設備に改造が加えられ、完成するとトラック諸島に進出して大和から連合艦隊の旗艦を受け継ぎました。

 武蔵と大和はマリアナ沖海戦に参加し、レイテ沖海戦にも参加しました。

 レイテ沖海戦で武蔵はアメリカ軍航空機から5回にわたる波状攻撃を受け、合計で爆弾17発と魚雷19本を浴びて沈没しました。