第二次世界大戦の解説

日本の戦艦一覧

長門
長門

金剛型戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1913年 金剛(こんごう) 31,720トン 30.3ノット
1914年 比叡(ひえい) 32,156トン 29.7ノット
1915年 榛名(はるな) 32,156トン 30.5ノット
1915年 霧島(きりしま) 36,668トン 29.8ノット

扶桑型戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1914年 扶桑(ふそう) 29,330トン 22.5ノット
1917年 山城(やましろ) 29,326トン 23.3ノット

伊勢型戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1917年 伊勢(いせ) 38,662トン 25.3ノット
1918年 日向(ひゅうが) 38,872トン 25.1ノット

 伊勢、日向ともに第二次世界大戦中に航空戦艦に改装された。

長門型戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1920年 長門(ながと) 39,120トン 25.0ノット
1921年 陸奥(むつ) 39,050トン 25.3ノット

 長門と陸奥は日本海軍の象徴として、広く国民に親しまれた。

加賀型戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
- 加賀(かが) → 空母に改装
- 土佐(とさ) → 解体

大和型戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1941年 大和(やまと) 64,000トン 27.5ノット
1942年 武蔵(むさし) 65,000トン 27.5ノット
- 信濃(しなの) → 空母に改装(未完成)

天城型巡洋戦艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
- 天城(あまぎ) → 解体
- 赤城(あかぎ) → 空母に改装
- 高雄(たかお) → 解体
- 愛宕(あたご) → 解体

ワシントン海軍軍縮条約

 ワシントン海軍軍縮条約により、建造中だった「天城」と「赤城」は航空母艦に改装、「加賀」「土佐」「高雄」「愛宕」は建造中止とすることが決定した。「陸奥」の存在は争点になったが、これを認める代わりにアメリカとイギリスがそれぞれ二隻の戦艦を保有することで決着した。

 1923年の関東大震災で「天城」が大破したため、代わりに「加賀」が航空母艦に改装された。

 1936年に日本は軍縮会議を脱退し、新たに大和型戦艦の建造を始める。