第二次世界大戦の解説

大本営発表 ~感動的な真珠湾攻撃

 大本営発表といえば「都合の良い嘘を並べた当局の発表」として定着している。第二次世界大戦中、大本営発表で実際よりも多くの華々しい戦果が国民に伝えられた。

 (読みやすくするため省略、現代仮名遣いにするなど修正しています)

大本営とは

 大本営は日本軍の最高司令部で、戦時に設置される。

 第二次世界大戦では1937年の日中戦争中に設置され、終戦まで存在した。大本営は陸軍部と海軍部に分かれており、前者は陸軍参謀本部、後者は海軍軍令部が支配していた。敗戦の3か月前に両者は統合された。

 大本営には首相は参加していなかった。天皇は臨席したが、あくまで形式的なものだった。つまり、単に大本営は陸軍と海軍それぞれが勝手に作った組織に過ぎない。

大本営発表と行進曲

 当時、日本ではラジオが急速に普及したので、大本営発表はラジオで聞くのが一般的だった。大本営発表は軍歌とセットで放送された。

 陸軍の発表では「陸軍分裂行進曲」、海軍の発表では「軍艦行進曲(軍艦マーチ)」、合同の場合には「敵は幾万」が流された。

真珠湾攻撃の大本営海軍部発表

 1941年12月8日、大本営海軍部発表

「帝国海軍は本八日未明ハワイ方面の米国艦隊並びに航空兵力に対し決死的大空襲を敢行せり」

「ハワイ空襲において現在までに判明せる戦果左の如し。戦艦2隻轟沈、戦艦4隻大破、大型巡洋艦約4隻大破、以上確実。他に敵飛行機多数を撃墜撃破せり、我が飛行機の損害は軽微なり」

 アメリカ側は戦艦3隻沈没と発表したが、日本で戦艦3隻轟沈に上方修正されたのは13日のことだった。もちろん大本営はアメリカの発表を知っていたが、すぐに修正しなかった理由を次のように述べた。

「我が海軍においては十分慎重を期し、各方面の報告を待ってその実証を確かめたる上、今回の発表を見るに至るものなり」

 18日、大本営は戦果を下方修正した。

「八日撃沈せるも確実ならずと発表したる敵航空母艦は沈没を免れ、蟄伏中なること判明せり」(※ 蟄伏 → 隠れていること)

 このときの大本営発表は割と正確だった。

香港攻撃の大本営陸軍部発表

 海軍のライバルである陸軍は12月19日、次のように発表した。

「帝国陸軍部隊は海軍部隊の緊密なる共同の下に敵の頑強なる抵抗を粉砕し、昨夜半敵の猛射を冒して香港島要塞の上陸作戦に成功し、目下着々戦果拡張中なり。将兵の士気極めて旺盛、意気天を衝く」

 実に勇ましい文面だが、単に香港に上陸して交戦中ということで、海軍部の発表に比べて戦果が小さいことは明らかである。陸軍は海軍に対して、発表は陸軍部、海軍部と分かれていては対立しているような印象を与えるため、「大本営発表」に統一することを提案する。海軍は了承した。

パレンバン降下作戦の大本営発表

「帝国海軍落下傘部隊はセレベス島メナド攻略戦に参加し、赫々たる戦果を収めたり」(※ 赫々たる → 華々しい)

「強力なる帝国陸軍落下傘部隊は、蘭印最大の油田地たるパレンバンに対する奇襲降下に成功し、敵を撃破して飛行場その他の要地を占領確保するとともに更に戦果を拡張中なり」

 「大本営発表」に統一したものの、結局海軍と陸軍はばらばらに戦果を発表した。陸軍のほうが大言壮語な印象。

平出秀夫の名演説

 1942年3月、真珠湾攻撃における特殊潜航艇についての大本営発表があった。読み上げたのは平出英夫。海軍屈指の雄弁家である。

「天佑神助をを確信せる特別攻撃隊は壮途につき、白昼強襲、或いは夜襲を決行、史上空前の壮挙を敢行、任務を完遂せるのち艇と運命をともにせり。

 アリゾナ型戦艦の轟沈は遠く港外に在りし友軍部隊よりも明瞭に認められ、真珠湾内に大爆発起こり、火焔天に冲し灼熱せる鉄片は空中高く飛散、しゆゆに(しばらく)して火焔消滅、これと同時に敵は航空部隊の攻撃と誤認せるものか、熾烈なる対空射撃を開始せるを確認せり。

 全員生死を超越して攻撃効果に専念し、帰還の如きは敢てその念頭に無かりしによるものと断ずるの外なし。かくの如く古今に絶する殉忠無比の攻撃精神は、実に帝国海軍の伝統を遺憾なく発揮せるものにして、今次大戦史劈頭の一大偉勲というべし」

 このときの音楽は軍艦行進曲ではなく「海ゆかば」が使われた。

 戦死者9名は二階級特進となり、「九軍神」と呼ばれるようになった。九軍神は映画などで盛んにもてはやされた。

 ちなみにこの作戦に参加したのは10名で、1人が捕虜になっているのだが、日本軍では捕虜になることはたいへんな不名誉のため、最初からいなかったことにされた。

 特殊潜航艇が5隻なのに戦死者が9人なのはなぜかと質問されたとき、担当の海軍少佐は次のように答えた。

「1人乗りが1隻だけあったのかな……。詳しいことはまだ聞いてない」