第二次世界大戦の解説

イギリスの重巡洋艦一覧

ケント
ケント

ホーキンス級重巡洋艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1919年 ホーキンス 9,750トン 31.0ノット
1916年 ローリー → 除籍解体
1918年 ヴィンディクティブ 9,750トン 30.0ノット
1925年 エッフィンガム 9,750トン 30.0ノット
1924年 フロビッシャー 9,750トン 31.0ノット

カウンティ級(ケント級)重巡洋艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1928年 ケント 9,750トン 31.5ノット
1927年 ベリック 9,750トン 31.5ノット
1928年 カンバーランド 9,750トン 31.5ノット
1928年 コーンウォール 9,750トン 31.5ノット
1928年 サフォーク 9,750トン 31.5ノット
1928年 オーストラリア 9,850トン 31.5ノット
1928年 キャンベラ 9,850トン 31.5ノット

カウンティ級(ロンドン級)重巡洋艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1929年 ロンドン 9,750トン 32.5ノット
1929年 デボンジャー 9,750トン 32.0ノット
1929年 シュロップシャー 9,750トン 32.0ノット
1929年 サセックス 9,750トン 32.0ノット

カウンティ級(ノーフォーク級)重巡洋艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1930年 ノーフォーク 10,035トン 31.5ノット
1930年 ドーセットシャー 10,035トン 31.5ノット

ヨーク級重巡洋艦

就役年 艦名 基準排水量 最大速度
1930年 ヨーク 8,250トン 32.3ノット
1931年 エクセター 8,390トン 32.5ノット

イギリス海軍の重巡洋艦

 イギリスは広大な海域を支配するため、コスト重視で長期航海に適した艦艇を量産した。そのため倉庫や燃料タンクが大きく、防御力をはじめとする戦闘力は他国の重巡洋艦と比較して大きく劣る。

 つまり、重巡洋艦を警備用の艦艇と見なしており、実際に快適な居住性を実現していた。

 イギリスはヨーク級重巡洋艦を最後に軽巡洋艦を量産する方針をとったため、エクセター以降重巡洋艦は建造されていない。