第二次世界大戦の解説

日本の艦名の付け方

 日本の軍艦名は他国と比べると、自然や地域の名称を用いたものが多い。その命名基準がが定められたのは、明治38年のことだった。

戦艦の命名基準

 戦艦は国の名前や、日本国の別名が採用されている。

  • 大和(大和国、現在の奈良県)
  • 武蔵(武蔵国、現在の東京都や埼玉県)
  • 扶桑(日本国の異称)
  • 陸奥(陸奥国、現在の青森県)
  • 長門(長門国、現在の山口県)
  • 航空母艦の命名基準

     航空母艦は空を飛ぶ瑞祥動物(めでたい意味を持つ伝説の動物)の名称がつけられている。

    • 蒼龍 → 青い龍
    • 翔鶴 → ツル
    • 飛龍 → 龍
    • 瑞鳳 → 大きな鳥

     例外として、山岳名がつけられている艦もある。天城(天城山)など。

重巡洋艦の命名基準

 重巡洋艦には山岳名が採用されている。

  • 青葉(青葉山)
  • 妙高(妙高山)
  • 愛宕(愛宕山)

軽巡洋艦の命名基準

 軽巡洋艦には河川の名前が採用されている。

  • 鬼怒(鬼怒川)
  • 長良(長良川)
  • 木曽(木曽川)

駆逐艦の命名基準

 駆逐艦は気象や植物の名前が採用されている。

  • 朝霧
  • 黒潮
  • 秋月

例外について

 航空母艦の加賀は、当初戦艦として建造されたため国の名前(加賀国、現在の石川県南部)がそのまま使用されている。空母信濃も同様。

 世界では艦名に人名を使用している国は多いが、日本では人名は使用しないようだ。