第二次世界大戦の解説

独裁者ムッソリーニの最期

独裁者の最期
ヒトラーとムッソリーニ

ムッソリーニの最期

 連合軍がシチリア島に上陸すると、イタリア国内では連合国との単独講和を望む声が大きくなった。党評議会で首相の解任が可決され、国王の命令によりムッソリーニは逮捕された。このニュースがラジオで流れると、ローマは市民は喜びに沸いた。

 ムッソリーニは標高2,000メートルのグラン・サッソ山頂のホテルに幽閉された。

 ドイツ軍はこの情報をつかむと、救出作戦を敢行。特殊部隊がグライダーでホテルを襲撃し、ムッソリーニを救い出した。ムッソリーニはドイツが北イタリアに樹立した傀儡国家「イタリア社会共和国」の元首になった。

 1945年4月、連合軍は北イタリア最後の防衛戦を突破すると、各地のパルチザンも一定に蜂起する。ムッソリーニはファシスト党幹部や愛人クララ・ペタッチとともにミラノから逃げ出した。

 ムッソリーニとクララはスイスに向かう途中、パルチザンに捕らえらる。既に気力を失っており、目はうつろな状態だったという。

 翌日には射殺され、遺体はミラノへと運ばれた。ミラノはムッソリーニが組織したファシスト党結党の地であり、前年にはパルチザンの処刑が行われた場所だった。

 1945年4月29日、ムッソリーニやクララ、ファシスト党幹部の遺体はミラノのロレート広場に運ばれ、放置された。集まった群衆は遺体を殴り、蹴り、野菜をぶつけた。やがて遺体はロープで逆さにつるし上げられた。

 このときの写真が残されており、その無残な姿は第二次世界大戦の象徴的な事件のひとつとなった。

ヒトラーの最期

 ムッソリーニの遺体がミラノの広場に吊された1945年4月29日、ヒトラーはエヴァ・ブラウンと結婚式を挙げた。

 ドイツも既に最後の防衛ライン「ゼーロウ高地」をソ連軍に突破されており、首都ベルリン陥落も間近に迫っていた。ヒトラーはベルリンを脱出するつもりはなく、総統官邸の地下室にこもる生活を続けていた。

 翌日、ヒトラーとエヴァは自殺した。二人の遺体はヒトラーの命令に従い、親衛隊員らがガソリンをかけ続けて焼却された。