第二次世界大戦の解説

太平洋戦争 年表4(1945年)

1945年前半 追い詰められる日本軍

年月 事件 解説
1945.01 ルソン島決戦 アメリカ軍がフィリピンのルソン島に上陸。マニラで市街戦が起こる。
1945.02 硫黄島の戦い アメリカ軍が硫黄島に上陸。
1945.03 硫黄島陥落 硫黄島の日本軍守備隊が全滅する。
1945.03 国民義勇隊結成 本土決戦に備え、15歳以上60歳以下の男性と17歳以上40歳以上の女性すべての国民からなる、国民義勇隊が結成される。
1945.03 東京大空襲 325機のB-29が東京に合計38万発の爆弾を投下。10万人の犠牲者が出る。
1945.03 慶良間列島上陸 アメリカ軍が沖縄の慶良間列島に上陸する。
1945.04 沖縄上陸 アメリカ軍が沖縄本島に上陸する。
1945.04 菊水作戦 戦艦大和が沖縄に向けて出発、空襲を受けて沈没する。
1945.04 鈴木内閣成立 米内光政、近衛文麿、岡田啓介ら和平派の推薦により、鈴木貫太郎内閣が成立する。
1945.05 ドイツ無条件降伏  
1945.05 首里撤退 日本軍第32軍、沖縄の首里から撤退する。
1945.06 本土決戦の基本方針決定 御前会議で本土決戦の基本方針が定まり、「全軍特攻」「一億玉砕」戦法がとられることになる。
1945.06 沖縄守備隊牛島司令自決 日本軍の組織的抵抗が終わる。

1945年後半 終戦への道

年月 事件 解説
1945.07 アメリカ、原爆実験成功  
1945.07 ポツダム宣言 日本政府はこれに対し「黙殺声明」を発した。
1945.08 原爆投下 広島、長崎に原子爆弾が投下される。
1945.08 ソ連の満州侵攻 関東軍が壊滅。
1945.08 ポツダム宣言受諾 日本は無条件降伏する。