第二次世界大戦の解説

太平洋戦争 年表1(1921年~1941年)

1921年~1939年 第二次世界大戦勃発まで

年月 事件 解説
1921.12 四か国条約締結 日英同盟の破棄。
1922.02 ワシントン海軍軍縮条約 主力艦保有量制限(米英5、日3、仏伊1.67)。
1926.07 蒋介石、北伐開始 蒋介石が軍閥政権打倒のため北伐を開始。
1928.06 張作霖爆殺事件 敗色濃厚だった軍閥政権の張作霖を関東軍が爆殺。中国侵略を狙うが失敗に終わる。
1930.04 ロンドン海軍軍縮条約 補助艦保有量制限、1936年まで主力艦建造禁止。
1931.04 浜口内閣総辞職 ロンドン海軍軍縮条約に不満を持った右翼に浜口雄幸首相が銃撃される。
1931.09 柳条湖事件 関東軍が南満州鉄道を爆破し、軍事行動開始。満州事変勃発。
1932.03 満州国建国 清朝最後の皇帝、溥儀が満州国建国を宣言。
1932.05 五・一五事件
挙国一致内閣組閣
犬養毅首相、暗殺される。政党政治体制が事実上廃止される。
1933.03 国際連盟脱退 国際連盟に満州国承認されず。日本は国際連盟を脱退する。
1936.02 二・二六事件 高橋是清大蔵大臣、斉藤実内大臣ほか暗殺される。天皇の命令によりクーデターは鎮圧。
1936.12 西安事件 第二次国共合作。国民党と共産党が対日協力体制となる。
1937.07 盧溝橋事件 日中戦争勃発。
1937.12 南京占領 日本軍、上海に上陸し首都南京を攻略。蒋介石の国民政府は首都を重慶に移す。
1938.04 国家総動員法制定 近衛内閣、国民に節約、貯蓄、労働奉仕の「国民精神総動員運動」を呼びかける。
1939.05 ノモンハン事件 日本とソ連の軍事衝突。日本軍後退。
1939.09 第二次世界大戦勃発
大戦不介入宣言
ドイツがポーランドに侵攻。阿部信行内閣はヨーロッパの戦争に対し、不介入を宣言。

1940年~1941年 開戦と電撃戦

年月 事件 解説
1940.03 南京政府樹立 米内光政内閣は汪兆銘の南京政府を樹立。
1940.09 仏領インドシナ進駐 フランスに要求を受け入れさせ、ハノイ周辺に進駐。
1940.10 大政翼賛会結成 近衛文麿の働きにより、すべての政党は解散させられ、大政翼賛会が大日本婦人会、隣組を傘下に収める。日本の政党政治が終焉。
1941.07 日独伊三国軍事同盟締結 ドイツ・イタリアと相互援助関係が築かれる。
1941.04 日ソ中立条約締結  
1941.08 対日石油輸出禁止 アメリカ、石油類の対日輸出を禁じる。
1941.10 東條内閣成立 陸軍説得に失敗し、行き詰まった近衛文麿は総辞職。東條英機内閣が成立する。
1941.11 ハル・ノート提示 アメリカ、日本に中国からの全面撤退、蒋介石の国民政府承認、三国同盟の空文化を求める。
1941.12 米英蘭との開戦決定 日本は御前会議で開戦を決定する。
1941.12 マレー半島上陸 日本軍第25軍がマレー半島コタバルに上陸。
1941.12 真珠湾攻撃 日本軍機動部隊(350機)がアメリカ太平洋艦隊の本拠地オアフ島を奇襲攻撃。戦艦4隻撃沈、3隻大破、1隻中破、航空機231機を破壊。
1941.12 マレー沖海戦 イギリスの戦艦2隻を撃沈。
1941.12 マニラ占領 日本軍第14軍、フィリピンのマニラを占領。アメリカ軍はバターン半島へ退却。
1941.12 香港攻略 日本軍第23軍、香港を攻略。水不足に陥ったイギリス軍が降伏。