第二次世界大戦の解説

サイパン島の戦い

 ガダルカナル島から撤退した日本軍は、マリアナ諸島やトラック諸島を防衛するため、第31軍を編成した。

 サイパン防衛は第34師団が担うことになり、1944年5月には約1万人の兵士が到着した。東條英機首相は、これでサイパンは難攻不落になったと語った。しかし後続部隊を載せた輸送船は撃沈され、多くの兵士と武器はサイパン島に到着することはなかった。

サイパン島の民間人

 サイパン島には約29,000人の日本人と、4,000人の先住民が暮らしていた。

 日本政府は彼らを本土に輸送するために輸送船を2隻送ったが、うち1隻は帰り道で潜水艦の攻撃を受けて撃沈されてしまった。そこでもう1隻送られたが、やはり撃沈された。

 もはや輸送は不可能と思われ、アメリカ軍の攻撃も激しくなったため、結局2万人ほどの日本人はサイパン島に残されることになった。

上陸戦

 1944年6月11日、アメリカ軍のサイパン島への爆撃が始まった。アスリート飛行場の32機の日本軍航空機はすべて破壊された。次に戦艦8隻による艦砲射撃が行われ、サイパンの市街地は炎上した。

 15日に海兵隊の上陸が開始された。第1陣は海兵隊約8,000人だったが、海岸に接近した水陸両用車は日本軍の15センチ砲12門の砲撃を受け、30両が失われた。夕方までにアメリカ軍は2万人の上陸に成功する。

 日本軍はこの日の夜、夜襲を仕掛けた。しかしアメリカ軍が次々と照明弾を打ち上げて迎撃したため、作戦は失敗に終わった。

 翌日の夜も日本軍は総攻撃を仕掛けた。アメリカ軍はこれを待ち構えており、照明弾を打ち上げて一斉に反撃を行った。日本軍は戦車30両を失い、作戦に参加した兵士の大部分が戦死した。

 18日、アメリカ軍はアスリート飛行場を占領する。

グアム島、テニアン島からの増援

 マリアナ諸島、トラック諸島、パラオ諸島の防衛を担当する第31軍の司令部はサイパンにあったが、アメリカ軍が上陸したとき司令官の小畑英良(こばたひでよし)中将はサイパンから離れていた。

 小畑中将はテニアン島とグアム島から、サイパン島への増援部隊の派遣を命じた。

 しかし、テニアン島からの増援はアメリカ軍駆逐艦の妨害により失敗。グアム島からの増援は東條英機参謀総長の命令で中止された。

サイパン奪回作戦

 大本営はサイパン奪回計画を立てた。

 当時、日本海軍は「あ」号作戦を実行しようとしていた。空母機動部隊により、サイパン島上陸を支援しているアメリカ艦隊を撃滅する作戦である。

 この「あ」号作戦の後に増援部隊をサイパンに突入させるのである。この作戦は「イ」号作戦と名付けられた。さらに、2個師団を送り込んでサイパンのアメリカ軍を撃滅する「ワ」号作戦も立案された。「イ」号作戦と「ワ」号作戦は統一して「Y号作戦」と呼ばれた。

 「あ」号作戦は失敗に終わった(マリアナ沖海戦)。

日本軍の抵抗

 6月24日、大本営はサイパン島奪回作戦を放棄した。この知らせはサイパンには届けられなかった。それどころか、大本営発表により日本海軍は勝利したと思われていた。

 この頃、サイパンの日本軍守備隊はタッポーチョ山に集結していた。

 アメリカ軍は戦車を使ってタッポーチョ山に進軍したが、日本軍の肉薄攻撃を受けてほとんど前進することができず、この谷間を「死の谷」と呼ぶようになった。

 アメリカ軍と日本軍の攻防戦は3日間続き、日本軍は撤退した。

 タッポーチョ山を攻略したアメリカ軍は、次にサイパン島の首都であるガラパンを攻撃する。ここでは5日間の市街戦が繰り広げられた。ガラパンは瓦礫の山になった。

南雲長官の玉砕命令

 日本軍と民間人は島の北部へと追い詰められた。

 7月5日、南雲忠一中将は残った兵士に訓示を印刷して配った。

サイパン島の皇軍将兵に告ぐ

米軍侵攻企図してよりここに二旬余、全在島の皇軍陸海軍の将兵および軍属はよく協力一致、善戦敢闘、随所に皇軍の面目を発揮し、不可の重圧を完遂せんことを期せり。然るに天の時を得ず地の利を占むるを能わず人の和をもって今日に及びたるも、今や戦うに資材なく攻むるに砲類ことごとく破壊し、戦友相次いで倒る。無念七生報国を誓うに、しかも暴逆なる侵攻依然たり。サイパンの一角を占有するといえども熾烈なる砲撃下に散華するに過ぎず。今や止まるも死、進むも死、生死すべからくその時を得て帝国男児の真骨頂あり。今米軍に一撃を加え、太平洋の防波堤としてサイパン島に骨を埋めんとす。戦陣訓に曰く「生きて虜囚の辱めを受けず」。勇躍全力を尽くして従容として悠久の大義に生きる悦びとすべし。ここに将兵とともに聖寿の無窮、皇国の弥栄を祈念すべく敵を求めて発進す。続け

 しかし南雲長官ら3人は最後の突撃に加わることなく、翌日に自決した。まもなく、司令部宛に大本営から、総攻撃をせずに持久戦を続けるよう返事が届いた。

 7月7日、残された兵士や一部の民間人は銃剣やナイフ、竹槍、棍棒を手にして最後の総突撃を敢行した。天皇陛下万歳! と叫びながら次々と突撃してくる姿は、アメリカ軍を恐怖に陥れた。

サイパン占領とマッピ岬

 1944年7月9日、サイパン島攻略軍最高指揮官リッチモンド・ターナー海軍中将はサイパン占領を宣言した。

 最北部のマッピ岬では、残された民間人約1万人が崖から海に身を投げた。付近の海岸は一面日本人の死体で埋め尽くされた。この場所は現在、バンザイクリフまたはスーサイドクリフと呼ばれている。